Web系はやめとけ!と言われる背景とWeb系が向いている人

 

読者
Web系はやめとけといった情報をみたのですが、やめておいた方がよいですか!?

マガジン編集部
Web系はやめとけと言われる理由を解説していきます!

Web系はやめとけと言われる理由

「Web系は3Kだからやめておけ」という書き込みが匿名掲示板にあったりします。

3Kの意味としては「きつい」「帰れない」「給料安い」いった表現で使われています。このような表現はWeb業界にいる身としてとても悲しいですが、このように表現される所以をもう少し詳しく見ていきましょう。

業務内容がきついと言われる理由

Web系の職種の主な業務内容は、お客様のWebシステムを構築したり、単純なWebサイトを制作したりすることです。そこで共通しているのが、お客様が求めるWeb上の制作物を納期(お客様に納品する期限)までに収めるということです。

業務内容がきついと言われるポイント
  • Web系はお客様の納期を意識する業務内容のため

そこで、営業部門が無理なお客様の納期を飲み込んで、Web制作を受注してしまうと、きつい業務状況が発生します。

読者
Web系はどこもこのような状況なのでしょうか?

マガジン編集部
いえ、営業が極端に強いWeb系の会社がこのような事態に陥りやすいです。

 

売上を上げたい営業部が強く、開発部が立場的に弱い状況にある会社は、意図せずこのような事態が発生する可能性があります。また、会社の売上がWeb制作だけに頼っている場合、制作が止まってしまった場合に会社の売上がストップしてしまいますので、きつい状況になりやすいとも言えます。

ポイント
  • 営業が極端強いWeb系の会社は要注意
  • Web制作事業に大きく頼っている会社は要注意

マガジン編集部
逆にいうと以下のような会社はおすすめします。

おすすめの会社の条件

  • 営業部と開発部でコミュニケーションがとれている
  • Web制作事業以外にも事業を行っている

 

定時に帰れないと言われる理由

Web系の日々の業務内容は、お客様の納期に向けてスケジュール通りにチームで進めていくことなります。Web制作には様々な工程があり、お客様のヒアリングから始まり、システム設計(サイト設計)・システム開発(Webデザイン・コーディング)・テスト・納品といった工程を踏みます。

テスト工程では開発したシステムをテストして、動作に問題がないかや表示内容に問題がないかを検証していきます。このテスト工程で多くの問題を発生すると、想定外の自体が発生することになりますので、納期に間に合わせるために残業が発生する場合があります。

定時に帰れないと言われるポイント
  • 納期に間に合わせるために残業が発生するため

読者
テスト工程では必ず残業が発生するのでしょうか?

マガジン編集部
テストで問題が見つかったらすぐに残業が発生するとは限りません。

タスク管理ができていれば、自分の抱えているタスクを調整して後日に対応することもできますし、チーム内でコミュニケーションがとれていれば、チーム間でタスク調整をすることができます。また、お客様との関係性ができていれば、納期をずらしてもらうように相談をすることができます。

ポイント
  • チーム内のコミュニケーションが重要
  • お客様との関係性が重要

マガジン編集部
そのため、以下のような会社を選ぶことが重要です!

おすすめの会社の条件

  • チーム内でコミュニケーションがとれている
  • お客様との関係性が良好

 

給料が安いと言われる理由

Web系の給料が安いと言われるのには業界のピラミッドのような多重下請け構造が関係しています。Webシステムを作成したい場合、信頼の厚い大手のシステム会社(一次請会社)が受注し、もっと安い価格で他のシステム会社(二次請会社)に開発を依頼してそのういたお金を利益にする。そのシステム会社ももっと安い価格で他のシステム会社(三次請会社)に開発を依頼してそのういたお金を利益にする。

最近では少なくなってきましたが、このような構造が起こりやすいのがWeb系業界です。この結果三次請会社の売上は小さくなるため、働く社員の給料は自然と少なくなってしまいます。

給料が安いと言われるポイント
  • 多重下請け構造で、二次請会社、三次請会社の売上が減るため

読者
一次受けに入ればよいのですね!

マガジン編集部
給料を上げたいといった理由だけで見れば、一次受けの会社がおすすめです!

しかし、一次請会社だからといって給料が高いとは限りません。お客様に価格勝負で安い金額でWeb制作を受注している場合は、会社の利益も上がらないため給料が上がりにくいと言えます。

マガジン編集部
そのため、以下のような会社をおすすめします!

おすすめの会社の条件

  • お客様と直接やり取りをしている
  • 技術力があり高単価で受注することができている

 

Web系の会社に就・転職で失敗しないためのポイント

ここまででご紹介しましたが、Web系はやめとけ!と言われるのには3Kだからという意見がありますが、それぞれ会社の選び方で避けることができます。どこの業界も同じように良い会社があれば、悪い会社もあります。まとめると、会社を選ぶ際には以下の条件を意識することをおすすめします。

マガジン編集部
会社を選ぶ際に、是非ご参考にしてみてください!

おすすめの会社の条件まとめ

  • 営業部と開発部でコミュニケーションがとれている
  • Web制作事業以外にも事業を行っている
  • チーム内でコミュニケーションがとれている
  • お客様との関係性が良好
  • お客様と直接やり取りをしている
  • 技術力があり高単価で受注することができている

Web系が向いている人

Web系の会社の選び方によって、入社後につらい状況になることをある程度避けることができるかと思いますが、そもそもWeb系に向いていない方は面接に通らないもしくは、入った後につらいと感じてしまう可能性があります。

読者
私はWeb系に向いていますでしょうか?

マガジン編集部
Web系に向いている人の特徴をお伝えします!

Web系に向いている性格・適正

コミュニケーションが好きな人

Web系で働くうえで1番大切なのは、コミュニケーション力です!

読者
IT技術が一番大事だと思っていました!

マガジン編集部
そう思われる方が多いですが、コミュニケーションはWeb系の業務では欠かせません!

Web系で働くうえで一番大切なのは「お客様が求めるWeb制作物を納期までに納品すること」です。先ほどご紹介したように納期に間に合わなそうといった場合は、チーム内やお客様とのコミュニケーションで調節ができるため、コミュニケーションはまず何より重要です。

IT技術が好きで自主的に学べる人

次に重要なのが、IT技術を学びたいという姿勢です!

読者
実際に技術がなくても、IT技術を学びたいという姿勢でいいんですか?

マガジン編集部
はい、IT技術を実際にもっていないくても、学ぶ姿勢があることが重要です。

Web系で働くうえで「お客様が求めるWeb制作物を納期までに納品すること」と言いましたが、そのために会社はチームで動きます。お客様からWeb制作物の依頼があった場合、プロジェクトを結成してチームで動くため、IT技術をもっていなくてもチーム内に技術を持っている人がいればお客様には迷惑はかかりません。分からない技術があれば1番大事なコミュニケーション力で、先輩に聞いていくことでIT技術を身に着けていけば問題ありません!この時に重要なのが、新しい技術に出会ったときに、「学びたい!詳しく知りたい」と思えるかの自主性になります。

プログラミングが苦手ではない人

最後に重要なのが、プログラミングが好きと思えるかです!

読者
IT技術に興味があるだけではだめなのでしょうか?

マガジン編集部
IT技術に興味があっても、日々接するプログラミング言語に嫌悪感を持ってしまう人は向いていません。
Web系の職種には、Webプロデューサー、Webディレクター、Webマーケター、フロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニア、マークアップエンジニア、アートディレクター、Webデザイナー、システムエンジニア、プログラマー、ネットワークエンジニア、インフラエンジニア、サーバーエンジニアなどがあり、すべての職種でプログラミング言語を日々目にするとは限りませんが、Web制作物を作るうえで重要なのがプログラミング言語による開発です。プログラマーやWebデザイナーに制作の指示を出すようなWebディレクターであっても、プログラミング言語の基礎知識がなければ指示を出せません。プログラミング言語にはHTML、CSS、PHP、JavaScript、Ruby、Pythonなど様々な言語がありますが、まずは1つの言語に触れてみて、嫌悪感を抱かないかを判断してみてください。

Web系に必要なスキル・能力

Web関係の技術スキルがある人

Web系で働くうえでは職種を選択し、それぞれの職種で求められているスキルを向上していくことが重要です。

読者
職種ごとでどのようなスキルが求められるのでしょうか?

マガジン編集部
職種ごとに求められるスキルをご紹介します!
Webプロデューサー
プロジェクトの企画・制作・顧客折衝・予算管理を主に担当します。そのため、営業系のスキルや・計画立案スキル・人材マネジメントスキル・予算管理スキルが重要です。
Webディレクター
Webプロデューサーが策定した予算やコンセプトを元に実務を遂行を主に担当します。WebサイトのUI・UX知識や、システム設計スキル・プロモーションスキル・スケジュール管理スキルが重要です。
Webマーケター
Webサイトの集客やプロモーションを専門的に担当します。SEOスキルや、広告運用スキル、SNS運用スキルが重要です。
フロントエンドエンジニア
Webサイトのクライアントサイドを主に担当します。クライアントサイドではHTML言語知識・CSS言語知識・JavaScript言語知識などが重要です。
バックエンドエンジニア
Webサイトのバックエンドを主に担当します。PHP言語やRuby言語、JAVA言語知識などが重要です。サーバーやドメインの知識も必要となってきます。
マークアップエンジニア
WebサイトのHTMLのコーディングを主に担当します。HTML言語知識・CSS言語知識が重要です。さらにSEOの知識も必要となってきます。
アートディレクター
WebサイトのWebデザイン全体的なディレクションを主に担当します。Photoshopスキル・Illustratorスキル・XDスキル・色彩知識やLPの構成に関する知識が重要です。セールスライティング知識も必要となってきます。
Webデザイナー
WebサイトのWebデザインを主に担当します。Photoshopスキル・Illustratorスキル・XDスキル・色彩知識が重要です。HTML言語に関する知識も必要になってきます。
システムエンジニア
Webサイトの大掛かりなシステムの設計を主に担当します。顧客折衝スキル・マネジメントスキル・要件定義・基本設計書作成スキル・詳細設計書作成スキル・テスト設計書作成スキル・プログラミングスキル・スケジュール管理スキルが重要です。
プログラマー
Webサイトの大掛かりなシステムの設計を主に担当します。JAVA言語スキルやRuby言語スキル、Phthon言語スキル、Node.js言語スキルその他言語のいずれかに特化したスキルを身に着けることが重要です。スケジュール管理スキルも必要になってきます。
ネットワークエンジニア
Webサイトのネットワークを主に担当します。ネットワーク機器の知識や、ネットワーク回線の知識、ネットワークの仕組みに精通していることが重要です。
サーバーエンジニア
Webサイトのサーバーを主に担当します。サーバーの知識やPCの知識、ドメインの知識、OSの知識が重要です。クラウド系のサーバーのAWS等の知識も必要になってきています。

 

その他

以下の呼称は総称として基本的に使われますので、それぞれの職種を参照ください。

  • Webエンジニア・・プログラミング系の制作をする職種のことを大まかに示します
  • Webクリエーター・・・Webデザイン系の制作をする職種のことを大まかに示します
  • インフラエンジニア・・・ネットワークやサーバーのインフラを扱うようなひとのことを示します
  • Web担当者・・企業内のWebサイト更新などを行うひとのことを示します
  • フルスタックエンジニア・・エンジニアリング全体の業務を遂行できるようなひとのことを示します

論理的思考や問題解決力がある人

論理的思考能力や問題解決能力はとても重要です。

読者
論理的思考能力や問題解決能力がないとどうなりますか?

マガジン編集部
お客様が求めるシステムを作成できなかったり、システムのトラブルに対応ができません。
お客様のトラブルになる事例として、お客様が求めているWeb制作物ではなかった場合や、システムトラブルが挙げられます。ここで重要なのが論理的思考で、毎回のWeb制作でお客様が求めている制作物を制作するためには、ロジカルに考える必要があります。また、問題が発生した場合も、その原因を突き止め、対策を講じ今後発生させないようにしていく必要があります。この点で論理的思考や問題解決力がとても重要になってきます。

タスク管理能力がある人

お客様が求めるWeb制作物を納期までに納品するためには、スケジュール管理をする必要があります。

読者
タスク管理とスケジュール管理は違うものですか?

マガジン編集部
はい、少し質が違うものになります。
スケジュールは毎日の進捗管理を主に管理するものですが、タスク管理はそれぞれの作業に焦点を当てて進捗を管理するようなものになります。例えば、Web制作におけるプログラミングの制作するタスクと、テストをするタスクをそれぞれ管理します。このタスクを管理するときに重要なのが、時間を見積もることです。1日8時間の労働時間に対して、プログラミングが5時間、テストに5時間かかると見積もることができれば、その日の朝に、残りの2時間分は明日に実施しますと言うことができます。この見積もりが正しくできないと、今日終わらせますと宣言したのに、やってみたら終わらなかったと残業が発生することになります。その点でタスク管理能力はとても重要になってきます。

Web系が楽しいと思えるために重要なこと

最後にWeb系を楽しむために重要なことは、自分が楽しいと思える会社に入ることです!

会社が違えば考え方も違いますし、Webに対するスタンスも、扱う言語も違います。何より働く人の性質が全く違います。例えば大手企業に行けば安定重視・年功序列で意外と挑戦はできなく、なかで働く人も安定志向で、成長は感じにくいことが多いです。

逆にベンチャー企業に行けば、挑戦思考が歓迎され、PDCAを多く回す(成功のために失敗と挑戦を繰り返す)ような経験ができます。

ベンチャー企業が不安だという方は、関係会社や親会社に大手企業がいる社内分業したようなベンチャー企業を目指すと良いでしょう!親会社が売上をしっかと上げていればさらに挑戦はしやすい環境であると言えるでしょう。

その一社として検討していただきたいのがサクセス・スピアです。親会社に保険代理店であるほけんのぜんぶがいる、金融系に強いWebマーケティング会社です。サクセス・スピアではあなたの挑戦を応援します。ご興味ございましたら是非お待ちしております。

Webデザイナーの募集

 

 

 

 

本コンテンツは情報の提供を目的としており、作成しております。
本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります
おすすめの記事